Icon

保育に対する想い

保育に対する想い

Image

健康、安全など生活に必要な基礎的な習慣を養い、生命保持及び情緒の安定を図る。

Image

人に対する愛情と信頼感、人権を大切にする心を育てると共に、
自主・協調の態度を養い道徳性の芽生えを培う。

Image

保育生活の中で、様々な体験を通し豊かな感性を育て、創造力・思考力の芽生えを培う。

園長挨拶

保育所ちびっこランド三田駅前園は、平成15年3月1日に子育てされているお母様のサポートを目的に開園いたしまして、約20年となりました。
私にも、4人の子供がおりますが、開園した年に小学校に入学した末っ子も今では社会人となり、我が家から巣立って行きました。
私の子育ては一応ひと段落となりましたが、安堵と共に一抹の寂しさもあります。
子育て真っ最中の時は、悩んだり、苦しんだり、一休みしたいと思ったものですが、今となっては、ただ、懐かしく、出来る事なら戻りたいとさえ思えます。そして、楽しい時間だったと心から思います。
子育ては、やり直しのきかない一代事業ですが、頑張るものじゃなく、楽しむものだと思います。私達もお母様方の子育てのお手伝いをお子様と一緒に日々楽しみながら行っています。
認可外だからこそできる保育、登園でしか出来ない保育を常に考えています。
一度是非、子供達の様子をご覧頂きたいと思います。
きっと、可愛い笑顔と元気な声にたくさんのパワーをもらえますよ。 

写真後日

三田駅前園のお約束

写真後日

異年齢児保育ですから子供同士の小さないさかいは日常茶飯事ですが、
私は「ごめんなさい」は「もう二度としないよ」という意味がある言葉だということをその都度伝えています。
それは相手に対して心のこもった言葉を伝えるためです。
また、子ども達から「先生~」と、SOSが出ることがよくあります。
そんな時は状況をみて、まずは自分で相手に気持ちを伝えるように指導していますが、それでも駄目な時は私達も一緒に話に加わるようにしています。
これは、これからの長い人生において辛いことや悲しいことに出会っても逃げることなく、負けずに立ち向かう力を養わせてあげたいと思うからです。
また、これも三田駅前園のお約束のひとつですが、「自分がされたり、言われたりして嫌なことはお友達にしない」ということも、日々指導しています。
これらのことを基本に、私たちは毎日子ども達と向き合い、時には優しい母や姉であり、また時には怖いおばさんにもなり、心を育てる保育に本気で真剣にそして楽しみながら取り組んでいます。
園児の毎日の様子や健康状態などは保護者の方々には、お便り帳で細かくお知らせしていますが、育児に関してご心配なことや相談されたいことがあれば、いつでもお受けできるようにしています。